失恋の原因は、結婚に対する考えの違いです。

 

アラフォーの私は結婚に対してかなり焦っており、正直早く結婚することを希望していました。男性には特に期限というものは感じないかもしれませんが、女性には体調の期限があるのです。

 

もし子どもがほしければやはりできれば30代のうにちは妊娠、出産を希望します。そうすると結婚するのは、逆算しても30代半ばが理想的かと思っていました。そのためちょうど35歳ぐらいの時に、自分の結婚希望度、あるいはタイムリミットだと感じる時期があり、彼との結婚を希望するようになりました。かたや彼のほうはちょうど仕事がのりにのってきた時で、恋愛と仕事の両立できればいいと考えていたようで、それほど結婚を急いでいる様子がありませんでした。

 

そこで、私はたぶん結婚に焦る気持ちが、正常な判断ができない状態になってしまったのだと思います。彼に結婚を急ぐ気持ちをなんとかもたせたいと思うようになりました。

 

どうしようか迷った結果、こうなったら急がないと私が他の人と結婚してしまうよというアピールをしてみようと思いました。ばかな私は、ありもしない話をでっちあげて、こんなことを言ってしましました。”私、お見合いしてみようかと思うの、親に勧められて”と言ってしまったのです。そしたらとても悲しそうな表情で彼が一言、”そっかあ。もう決めたの?”と、、、”それが、××の幸せなら、それがいいのかもしれないね”と。とても悲しくなりました。

 

なぜ、あんばばかげたことを言ってしまったのか今でも後悔しています。